BORUTO 花札 グレイ系 本 大阪公式 Nada ~ ندى on Twitter: \

商品の説明

BORUTO 花札 絵柄確認で開封しましたが、その後はしまって保管していました。商品の情報本・音楽・ゲーム>本>文学/小説商品の状態:未使用に近い

商品の情報

サイズ
ブランド treahub.com.ng
商品の状態 未使用に近い
CDJapan : BORUTO Hanafuda (Japanese playing cards) Collectible Nada ~ ندى on Twitter: \

BORUTO 花札 グレイ系 本 大阪公式 Nada ~ ندى on Twitter: \

treahub.com.ng

¥18000円 ¥12600円 (税込) 送料込み
44
259

商品の説明

BORUTO 花札 絵柄確認で開封しましたが、その後はしまって保管していました。商品の情報本・音楽・ゲーム>本>文学/小説商品の状態:未使用に近い

商品の情報

サイズ
ブランド treahub.com.ng
商品の状態 未使用に近い
CDJapan : BORUTO Hanafuda (Japanese playing cards) Collectible Nada ~ ندى on Twitter: \

商品の情報

  • カテゴリー
    1. ホーム
    2. BORUTO 花札
  • ブランドtreahub.com.ng
  • 商品の状態未使用に近い
  • 配送料の負担送料込み(出品者負担)
  • 配送の方法ゆうゆうメルカリ便
  • 発送元の地域群馬県
  • 発送までの日数4~7日で発送

treahub.com.ng安心への取り組み

お金は事務局に支払われ、評価後に振り込まれます

出品者

本人確認済

スピード発送

この出品者は平均24時間以内に発送しています

コメント (259)

BORUTO 花札
BORUTO 花札 グレイ系 本 大阪公式 Nada ~ ندى on Twitter: \ BORUTO 花札 グレイ系 本 大阪公式 Nada ~ ندى on Twitter: \
素晴らしい青春映画でした - by , 2023/06/10
5.0/ 5stars
恥ずかしいことに、ジョージアの舞踏ときいて「ああ、アメリカのジョージア州にそんな特殊なダンスがあったのか」と思ってしまいました。しかし主人公の名前がアメリカっぽくないし、英語じゃないし、脚本も映像もアメリカ映画っぽくないな~、と思っていたら・・・ググって分かりました。ジョージアはかつてソ連邦の構成国。日本ではグルジアと呼んでいた東ヨーロッパの一国で、ロシア、トルコ、アルメニア、アゼルバイジャンと国境を接する国だそうです。いかにもヨーロッパ映画的だなと思わせる映画です。淡々としていて、エンタメよりアート寄り。分かりやすい起承転結や、はっきりした感情表現や、くさい決めセリフはありません。(分かりやすいエンタメを悪く言うつもりはありません。分かりやすい映画も大好きです)“みんなハッピーだぜ!イエーイ!!”な終わり方はしません。つまり見る人を選ぶ系ですかね・・・・。ただ、青春映画のツボを押さえるところは押さえてます。初恋(BLです)、新しい自分の発見、成長、友情、家族との絆。ダンスものらしく、ダンスシーンも楽しめます。もちろん、ラストシーンはオーディション。おそらくジョージアの伝統に則っているであろう、食事のシーン、結婚式シーンも見どころ。日本アニメへのリスペクトも感じられる小道具も出てきます。圧巻は結婚パーティーの長回しですね。何分か計れませんでしたが、主人公メラブがパーティーの中を、イラクリを探しまわります。エキストラも大量にいる中、パーティー会場に入り、廊下やバスルームを徘徊し、イラクリと話をし(深刻な話です)、ベッドに座り込む、そして泣きながら立ち上がり、外へ出て、追いかけてきた友人(元カノ)と話す。これワンカットです。よく撮りましたね~~~~。個人的に好きなのは、メラブとイラクリが、なんとなく互いの好意に気づき始めたとき。舞踏団みんなで朝まで飲んで騒いで(ここも青春っぽい)、メラブはイラクリを彼の家まで送ってあげます。ベッドルームでちょっと話をし(ベッドルームなんて意味深よね~)、この時は何事もなくメラブは帰るんですが、帰り道、新しい恋の始まりにニヤニヤが止まらないメラブ。ああ、これぞ青春!と観ているほうはムネアツです。オーディションのシーン、「男らしさがすべて、繊細さは要らない」とうジョージアンダンスを、大人になったメラブがどう踊るのか。そして、自分の人生をどう選択するのか。最後の最後、観客の感傷を切り捨てるように、素っ気なく映画は終わります。そして深い余韻が残ります。忘れていた青春を思い出したい方にはお勧めです。
観て本当に良かった! - by , 2023/06/10
5.0/ 5stars
心の底から観て良かったと思えた作品。迷っているなら観てください!最後感動します。
いろいろと切ない - by , 2023/06/09
5.0/ 5stars
思った通りどころか思った以上に素晴らしい、素敵な映画でした。普段ネタバレしないように感想を書く方なんですが、これについてはネタバレしないで書くのが非常に難しいです。この映画には好きなモノ・コトへの情熱、恋、友情、家族愛が詰まっています。人生もちろんいいことばかりじゃありません。一生懸命やっているのに報われない、認めて欲しい人に認めてもらえない、息苦しさ、挫折感、悔しさ、やるせなさ、若い主人公達ばかりでなく、幅広い年齢層の登場人物たちの喪ったり、破れたりした夢や後悔などが垣間見えます。何かを活かすために何かを諦めるといった自分ではどうにも出来ない人生の困難をそれでも自ら苦渋の選択をしなくてはならず、今は大したことに感じないかもしれないけれど、何年か後に若者は後悔するのではないかと思ったり。いろいろ示唆に富んだ内容でした。深読みしすぎかな?繊細で細やかな演出をされていて女性の監督かと思ったら男性だったのでちょっと意外でした。これも私の思い込み、バイアスなんだと思い知らされるわけですが、豪快な女性もいるわけで、自分はその中でもガサツな方だから変に納得したのは余談です。ネタバレしたくないけど、どうしても二つだけ言いたいのは、ダンスパートナーのマリちゃんが超良い子!長年ペアを組んでるから主人公の気持ちが手にとるように分かってしまい、色々察して気分を害したり、言い合いをしたりするのに、終盤で彼の顔を見ただけで全てを理解して「分かってあげられなくてごめんね。」って泣き崩れる彼を抱きしめてあげるんだよ!なんて出来た子なんだ!と勝手に感動していました。あと喧嘩ばかりしているように見える兄貴が良いお兄ちゃんで家族っていいなとほのぼのしてしまいました。主役の彼は初映画、初主演で数々の主演男優賞を受賞されているそうです。これからが楽しみです。ぜひ、ご覧になってみて下さい。追記:主人公が誰かに似てるとずっと思いながら観ていたら、笑った瞬間、手塚治虫キャラの男のコを連想しました。
踊り、音楽が胸に迫る! - by , 2023/06/09
5.0/ 5stars
正直、これほどとは思いませんでした。ナチュラルで繊細な演技もさることながら、脚本・映像・音楽・踊りが素晴らしい。レンタル中に3回も観てしまいました。人々の営みに対する優しい眼差し、異文化への尊敬の念も感じられます。日本の映画ファンには、うれしいひとコマも。おすすめです。
湖に浮かぶ幻想的な寺院 - by , 2023/06/08
4.0/ 5stars
コリアンブッディストの物語です。山奥の大自然に囲まれた生活は羨ましくもあるが、和尚と二人きりの世界は、のちに青年となり世俗に触れた時に大きな衝撃をもたらします。田中まーくんのような風貌からヒムロックになって帰って来た青年は怒り狂っていた。この怒り震える姿と追いかけて来た二人の刑事の所作が特徴的です。青年の怒りが鎮まったところに木刀で滅多打ちにした和尚もそうかもしれません。そして服役後、既に先代の和尚は亡くなっています。廃墟化していた寺院に戻り、青年が後を継ぎ和尚になります。少林拳の古文書を見つけ鍛錬に励む。歴史は繰り返される。山の中に響く朝鮮民謡アリラン、大自然の映像美も然る事ながら、終わり方が綺麗な映画です。
正直よくわかりませんでした - by , 2023/06/07
3.0/ 5stars
文化の違いもあり設定がよくわかりませんが、湖上の仏教寺院を舞台にして一人の男の半生を描く半ばファンタジー的なお話です。舞台設定やストーリー展開など、本作の11年後公開の『とうもろこしの島』や16年後公開の『ある船頭の話』を彷彿とさせるものがありますが、もしかしてそれらは本作にインスパイアされてたりするのかな。何はともあれなかなかアートしてます。エンタメ系の映画ではありません。最初のうちは昔話的な話かなと思ったのですが、そうではなく現代の話であり、青春映画かなと思ったら、そうでもなく結構エグイ話だったりします。仏教思想的なものをテーマにしてるような気はしますが、正直よくわかりませんでした。その辺に詳しい人ならわかるかも?少年期と青年期はよく似た顔の役者を起用していて感心しましたが、壮年期と中年期がまるで違う顔なのがちょっと残念。
優しく穏やかな気持ちになれる映画です。 - by , 2023/06/07
4.0/ 5stars
深い仏教の内容の作品です。良かった点としては①映像の淡〜い美しさ。少し濁った湖、色褪せた古いお寺、モヤがかかった周囲の山々。8KテレビのCMのような息を呑む鮮やかな色彩ではないけど、ベールに包まれたようなミステリアスな雰囲気、それでいてどこか懐かしく、穏やかな気持ちになる風景。これはこれでいいねという😊②和尚様と弟子の関係性。弟子は子供、少年、青年の3つの時期において、戒律をやぶり、脱走し、ついに法律をも破ってしまうけど、何故か憎めないのはやはり気持ちに共感できるからだと思う。殺人は別として💦好奇心や面白さで動物で遊んでいじめたり、ダメと分かりつつ気持ちが抑えられず恋に落ちたり、殺しはダメだけど、裏切られると怒り狂ったり、どれも人間には当たり前の事。それらを和尚様は全て受け入れて正しく導いてくれます。仏像と鶏を盗み、逃げ出した弟子が殺人を犯して戻ってきた時でさえ、受け入れて自分の罪と向き合わせます。だから、弟子も最初は抵抗したものの、大人しく連行されたのではないかなと思います。③ユーモアな脚本。弟子と養生しに来た少女が××しているのを発見した時、鶏使って小舟を手繰り寄せるのはクスッとなりました。小舟の栓を抜き、冠水させるけど、手繰り寄せたあとにちゃんと安全な場所でするところも、相手を痛め付ける為じゃなく、分からせてあげる為の度をわきまえた罰で、和尚様の慈しみを感じられた。④和尚様の人柄。自殺をはかる時以外、弟子の過ちに対して常に受け入れて導くというスタイルをとっていて、終始和尚様の優しさや人としての深さが感じられました。仏像を弟子に盗まれても、心に仏あると言うのかな?大事なのは仏を信じることだなと思いました。気になった点としては①弟子役の見た目の一貫性。俳優さんもう少し似せるべきだったかなと。子供時代はよしとして、殺人を犯して帰ってきた青年期?だけ、なぜかアイドル風のイケメンに(因みにsuper juniorのドンヘ君に似てると思う😅)②生き延びた動物の意味。子供時代に動物に悪戯してて、カエルだけ生き残ったのはなんか意味があるのかな?③盗みの意図。弟子がお寺から逃げ出した際、何故仏像と鶏を盗んだの?鶏を自分と重ねたのかな?自由にしてあげたかったからかな?でも仏像は何で?④和尚様の最期。和尚様は弟子に死んではならないとあれだけ怒って厳しい罰を与えたのに、なぜ自ら?なんか仏教的な意味があるのかな?⑤お寺の蛇の意味。お寺の動物仲間で鶏から猫、最後が蛇なのはなんか意味があるのかな?薬草を取りに行く弟子に気をつけなさいと注意した蛇が最後はお寺の仲間になるなんて。⑥和尚様の過去。和尚様がいないお寺で新たなスタートを切る弟子が自分の弟子を持つことから、もしかしたら和尚様も若い時色々あったのかななんて想像しちゃったり😅と後半になるにつれてよく分からない場面もあったりしましたが、観た後は優しい穏やかな気持ちになれる映画でした。私的には宗教系の映画では珍しいことです😅
BORUTO 花札

CDJapan : BORUTO Hanafuda (Japanese playing cards) Collectible

CDJapan : BORUTO Hanafuda (Japanese playing cards) Collectible

CDJapan : BORUTO Hanafuda (Japanese playing cards) Collectible

CDJapan : BORUTO Hanafuda (Japanese playing cards) Collectible

Nada ~ ندى on Twitter: \

Nada ~ ندى on Twitter: \

CDJapan : BORUTO Hanafuda (Japanese playing cards) Collectible

CDJapan : BORUTO Hanafuda (Japanese playing cards) Collectible

Nada ~ ندى on Twitter: \

Nada ~ ندى on Twitter: \

ホーム > 本・音楽・ゲーム > > BORUTO 花札 グレイ系 本 大阪公式 Nada ~ ندى on Twitter: \

Tagタグ

  • BORUTO
  • 花札
  • 本・音楽・ゲーム
  • treahub.com.ng